京都市南区の空き家買取について

近年、空き家問題が多発しています。しかし、空き家を相続するなど売却せずに財産として所有している場合、空き家を放置しているという意識を持っていないことも少なくありません。一般的に空き家は売却や処分が難しいとイメージされ、手放せずに困っている人が多いことが現実です。空き家は放置することによって、さまざまなトラブルに発展するおそれがあります。

空き家の買取

トラブルに遭わないためには、可能な限り早急に買取を依頼する必要があります。相続した土地や家を放置しておくと劣化が進み、売却価格が下がってしまいます。空き家の買取を不動産業者に依頼する前に、まずは不動産の査定相場を知っておきます。事前に不動産相場を知っておくことで、その業者の査定価格が高いのかもしくは低いのかを知る基準になります。その際は、複数の不動産会社に査定をしてもらいます。1社のみの査定だと、その価格が適切なものかどうかがわかりません。必ず複数社の話を聞き、信頼できる会社に自分の物件を任せます。また、売却する家がある地域の不動産状況を知っておくと、価格のイメージがより容易です。

京都市南区の不動産状況

京都市南区では、大まかな傾向として世帯数は増えており、住宅需要も増えています。それと同時に、空き家率も年々高くなっています。つまり、世帯数も空き家も増えている状況といえます。また、京都市南区は不動産会社が非常に多い地域です。自身の希望をできるだけ叶えるためには、さまざまな不動産会社を検討する必要があります。

仲介と買取

空き家の売却方法には、仲介と買取の2種類があります。それぞれにメリットとデメリットがあるため、自身の希望に合わせて選択します。

仲介

依頼を受けた不動産会社が、買主探しと売却サポートを行う一般的な売却方法です。不動産情報を一般に公開し広く募るため、人気エリアの物件は高額での買取が期待できます。しかし、リフォームや清掃など買い手を見つけるための作業が必要となります。そのため、コストが発生します。また、いつ売れるか予想できない点もデメリットといえます。場合によっては、値下げなどの対策が必要になることもあります。物件の状態が良く、少しでも高額で買取してほしい場合に効果的な選択肢です。

買取

不動産会社が、売主から直接物件を買い取る方法です。売却金額が折り合えば、直ちに売却が可能です。たとえ老朽化していたとしても、そのままの状態で買取してもらえます。しかし、一般的な仲介の相場に比べて売却価格が低くなる可能性があります。早く現金化したい場合や、築年数や状態が理由で買主が見つかりづらい場合に効果的な選択肢です。

まとめ

空き家は、物件の所有者が管理する責任があります。トラブルを起こさないためにも、売却の検討をするなど早急な対応が必要です。